白髪染めについてのよくある質問 記事一覧

白髪をキレイに染めるためのポイントはあるの?・・・白髪をキレイに染め上げるためのポイントを押さえておきましょう。 髪の毛に与えるダメージを考え、白髪染めのタイプを適切に選びましょう。

髪質によって染まり方に違いはあるの?・・・人それぞれ髪質が異なりますが、髪質によって染まりやすい髪もあれば、染まりにくい髪もあります。 染まりにくい場合は、明るめのカラーを選んでみましょう。

白髪染めを使いだす年齢は?・・・白髪染めを使い出す年齢は、30歳を超えたあたりからが多いようです。 しかし、精神的なストレスや疲労などが原因の場合は、年齢に関係なく白髪対策をする必要があります。

かぶれないように染める方法は?・・・白髪染めを使いたいけれど、敏感肌でかぶれが気になるという方も多いようです。 かぶれないように染め上げる方法もありますので、参考にしてみましょう。

アレルギーの心配は大丈夫?・・・白髪染めに含まれる成分によるアレルギーの心配をする人も多いようです。 かぶれやかゆみが出る程度ならまだ大丈夫ですが、重症化する場合もあるので注意が必要です。

「白髪染め」と「おしゃれ染め」の違いは?・・・よく聞く「おしゃれ染め」ですが、白髪染めとはどのような違いがあるのでしょうか? 自分の髪の状態に合わせて、どのように染めるかを選んでいきましょう。

パッチテストはどのようなことをするの?・・・白髪染めを使用するときは、パッチテストでアレルギー反応がないかチェックしましょう。 パッチテストの具体的な中身や注意点について紹介しています。

白髪染めで真っ黒にした後、ヘアカラーで明るい髪にできますか?・・・白髪染めを使用したあとにヘアカラーを使うのはオススメしません。キレイに染まらないばかりか、髪にもダメージを与えてしまいます。 はじめから明るめのカラーを選んでみましょう。

白髪染め後、普段使っているシャンプーやコンディショナーで大丈夫?・・・髪を傷めないためには、ヘアカラー用のシャンプーやコンディショナーを使っていきましょう。シャンプーの仕方も、擦り合わせずにマッサージするように洗うのがポイントです。

頭皮を傷めない白髪染めはどんなものがありますか?・・・頭皮を傷めない白髪染めは、トリートメントタイプや天然成分のヘナを原料にした製品を選ぶとよいでしょう。酸化剤や、酸化染毛剤、アルカリ剤などが含まれていると、髪を傷つけやすくなるので注意が必要です。

白髪染めの男性用、女性用の違いは何ですか?・・・白髪染めには男性用、女性用と分かれていますが、実は含まれている薬品などの成分に違いはありません。染毛する時の色合いや香りが違うだけですので、自分と異なる性別の製品を使用しても大丈夫です。

白髪染めと育毛剤を併用しても大丈夫ですか?・・・多くの製品は、白髪染めと育毛剤を併用しても問題ありません。ただし、一部の商品は、白髪染めと育毛剤に含まれる薬品の成分の相性が悪いので、併用を避けることが推奨されているものもあります。

・・・

このページの先頭へ