髪に与えるダメージを考えよう

白髪染めにも色々なブランドから多くの種類がラインナップされています。

それぞれのブランドで白髪を染めるために使われている成分やカラーも異なりますし、
液体タイプやムースタイプなどでは染め方も異なります。

白髪をキレイに染めるためには、自分の白髪に合った商品を選んで、 正しい使い方で使うのがポイントです。

白髪も黒髪も同じように染めることができるヘアカラータイプの白髪染めは、
白髪の量に関係なく自由自在なカラーに染める事ができます。

また、染める過程で化学成分を使用して黒髪のメラニン色素を脱色するため、
一度染めると長持ちするというメリットがあります。

しかし、髪に与えるダメージが大きいため、白髪が伸びてくるごとにヘアカラータイプの白髪染めを使っていたのでは、 髪全体が傷んでしまいます。

髪の痛み具合なども考えながら白髪染めを使うのも、キレイに染める事ができるためのポイントと言えるでしょう。

定期的に美容院でプロに染めてもらう

白髪の量によっても、どんなタイプの白髪染めが適しているのかが異なります。

例えば、全体的に白髪がたくさんある場合には、 内側の髪まできちんと白髪染めがいきわたってくれる液体タイプの白髪染めが良いでしょう。

しかし、部分的な白髪を染めるだけなら、ピンポイントで染める事ができるクリームタイプの方が
便利ですよね。

このように、自分の白髪の場所や量などに合わせて適切な白髪染めを選んでくださいね。

白髪が黒髪よりも多くなってきたら、一度美容院できちんと染めてもらうのもキレイに染めるためのポイントです。

生え際などのメンテナンスは自宅でできても、定期的にプロに染めてもらうのは、やはり完成度も違うのでおススメです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ