トリートメントタイプやヘナを原料にしたものを選ぼう

白髪が目立ってくると、そのことが気になって仕方ありません。 放置して白髪が増えていくと老けて見えてしまうので、なんとか対策をしようと、白髪染めをしてみようと考える人は多いものです。

その際に、頭皮や髪を傷めずにできる白髪染めがあれば、それにこしたことはありません。 頭皮を傷めてしまうと、それが原因となってさらに白髪が増えてしまうことにもつながるからです。

しかし、白髪染めは薬剤を髪に浸透させることで染めていくので、髪の毛はもちろんのこと、頭皮にも少なからずダメージを与えてしまうことになります。

まったくダメージを与えないで白髪染めをすることはできませんが、そのダメージを極力抑えることができる方法や白髪染めの商品は存在します。

たとえば、トリートメントタイプや天然成分のヘナを原料にした白髪染めであれば、髪や頭皮をあまり傷つけないで染めることができます。

ブリーチは髪の色素を抜いて脱色するためのブリーチ剤がつくと頭皮をいためてしまうので、なるべく使用しない方が無難です。

使用されている成分をチェックしよう

また、他の白髪染めの商品を購入する際、頭皮や髪を傷めないようにするために、 酸化剤や、酸化染毛剤、アルカリ剤などの薬品がなるべく含まれていないものを使用するようにしましょう。

これらの薬品は刺激があり頭皮につくと、せっかくきれいに髪を染めることができたとしても、 頭皮を傷めることで育毛が抑制されて白髪となってしまう可能性もあるので注意が必要です。

このように、白髪染めには方法や商品の含有成分に気を付けることが大切です。



スポンサード リンク

このページの先頭へ