成分に大きな違いはない?

白髪染めをするために使う商品をドラッグストアや量販店などで選ぶ際、初めて購入する場合などは、 店頭に男性用と女性用があることに気づき、これらがどのような違いがあるのかと疑問に思うことがあるものです。

白髪染めの男性用には男性の、女性用には女性用の何か特徴があるのでしょうか。

結論を言うと、白髪染めは、薬品の化学反応で髪の色を変えるわけで、含まれている薬品などの成分に男性用と女性用で違いはありません。

男性は、女性よりも髪が太く、きめが粗いので、男性用の方が女性用よりも染毛力が強いとか、 薬品の量が多くて刺激を感じやすいのではないかと思いがちですが、そのようなことはまったくありません。

ですから、男性が女性用の白髪染めの商品を使ったり、またはその逆であったりしても何ら問題はないのです。

女性用の白髪染めを男性が使うのもおすすめ

では、なぜ白髪染めが男性用と女性用にわざわざ分かれているのかというと、染毛する時の色合いや、染毛時間、香りなどの違いで分けているからです。

一般的に男性用の白髪染めは、早染めのものが多く、色は黒やダークグレーといったものがメインです。 女性用の白髪染めは、女性好みの香りを付けていたり、ブラウン系の明るめの色合いの商品が多くなっています。

女性用の白髪染めは、髪や地肌に優しいトリートメント効果がある商品が多いので、こうした女性用の白髪染めを男性が使うこともできるわけです。 抜け毛や薄毛対策にもなるので、色や香りなどが気にならなければおすすめです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ