加齢が原因の場合は30代から

精神的なストレスやショック、疲労などが原因で起きる若白髪の場合には、 年齢に関係なく白髪になってしまうので、白髪染めもニーズに合わせて使用した方が良いかもしれません。

しかし、そういったタイプの白髪ではなく、加齢が原因で出てくる白髪の場合には、
どのぐらいの年齢で白髪染めを使い始める人が多いのでしょう?

加齢が原因の白髪は30代あたりで少しずつ目立ってきます。 これは、髪の黒さを決めるメラニン色素を作る生成能力が30代あたりから低下してくるため。

そのため、加齢による白髪は、加齢とともにどんどん増えていくのが一般的です。

アンチエイジング対策などをしていれば、体全体の年齢を若くキープする事もできるので、
白髪が進行するスピードもスローダウンできるかもしれません。

しかし、加齢を止める事ができない限りは、加齢による白髪もストップする事ができません。

白髪率5%が目安?

30歳から少しずつ目立ってくる白髪は、数本しかなければはさみで根元からカットするのも良いでしょう。 しかし、白髪の数が増えてきたら、白髪染めですっきりと染めてしまう方法がおススメです。

白髪染めを使い出す年齢は、白髪が目立ってくる30代~40代ごろが多いようですが、 白髪がどのぐらいの割合であるのかによって使い始める年齢は異なります。

ちなみに、美容院などで白髪染めを勧められるのは、白髪が黒髪に占める割合が5%ぐらいになった頃なのだとか。

白髪率5%というと数字的には少ない気もしますが、見た目ではかなり白髪が多い状態。
そこまで待たずに自分で気になりだしたら白髪染めデビューしましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ