アレルギー反応があるか調べよう

白髪染めを使う時には、かならず最初にパッチテストをして頭皮にアレルギー反応が出ない事を確認してから行うようにしましょう。

いつも同じ白髪染めを使っている人でも、その日の体調によってパッチテストの結果は異なる事もあります。

つまり、前回はかぶれることなく使えた白髪染めでも、今回はアレルギー反応を起こしてしまうリスクもあるのです。

パッチテストを行う時期は、白髪染めをする48時間前、つまり2日前に行なうのが理想的です。

ヘアカラータイプの白髪染めは、1剤と2剤を混ぜて使う事が多いですよね。 その場合には、1剤と2剤を少しずつ混ぜてからパッチテストに使用します。

パッチテストの中身

パッチテストは頭皮に行うのではなく、腕の内側の柔らかい部分に行ないましょう。
柔らかい部分ならヒジ下でもOKですし、ヒジ上でも問題ありません。

パッチテストでは、綿棒などで白髪染めを腕の内側に薄くつけたら、30分間はそのまま放置します。

放置している間に自然乾燥した場合にはそれでOKですし、 30分後にも白髪染めがまだ残っている場合には、ティッシュでふき取ってもOKです。

そして、できれば48時間はその場所を濡らさないようにしてキープするのが理想なのですが、 お風呂に入って濡れてしまう場合には、その場所はできるだけこすらないように気をつけてくださいね。

48時間後にパッチテストした場所が何ともなければ、白髪染めを使ってもアレルギー反応の心配はないでしょう。

しかし、パッチテストした場所が赤くなったり、かゆくなったりしたら、その白髪染めは使わないようにしてください。



スポンサード リンク

このページの先頭へ