髪へのダメージを考えるとよくない

白髪染めを使った直後にヘアカラーを使う事は、色を変えるという点では不可能ではありませんが、かなり難しいでしょう。

それに、髪へのダメージを考えると、あまりおススメはできない方法ですね。

白髪染めで白髪を染める時には、地毛のキューティクルを化学成分で剥がしてメラニン色素を脱色し、 そこに強力な染毛力を持つ染料で色をつけていきます。

そして、無理に引き剥がされたキューティクルが完全に治癒していない状態のまま、 ヘアカラーで更にキューティクルを剥がして既に脱色されて色がついていないメラニン色素をさらに脱色しようというのは、意味もありませんよね。

ドラッグストアなどで販売されている白髪染めの中にも、真っ黒に染めるものだけではなく、 明るい茶色に染めることができたりして、地毛よりも明るいカラーにできる白髪染めなどもたくさんラインナップされています。

白髪染めでカラスの羽のような真っ黒になってしまうのが不安な場合には、最初は明るめのカラーの白髪染めから始めてみるのも良いでしょう。

キレイに染めるのも難しい

白髪染めをして既にダメージを受けている髪にヘアカラーをしても、キレイに染まらない場合も少なくありません。

これは、白髪染めで既にキューティクルも剥がされていますし、人工的な化学成分による染料が髪についているため、 ヘアカラーのブリーチ剤でも脱色する事が難しいのです。

ある程度は色を抜く事ができるかもしれませんが、黒髪の状態でヘアカラーを使う場合と比べると、完成度はかなり低くなってしまいます。



スポンサード リンク

このページの先頭へ