安全性について

最近は、ドラッグストアなどで白髪染めをするための商品がいろいろと販売されています。
市販されている白髪染めは、初心者でも簡単に使用できて、値段も手ごろなので、 美容室などにいってプロに染めてもらうのではなく、自宅で自分で染める人が増えてきています。

手軽に都合の良いときに自分で染められるのは大変魅力的なことなのですが、 白髪染め商品の中には、さまざまな薬品や添加物など刺激のある成分が含まれているものもあるので、 頭皮や毛髪、その他の皮膚などにトラブルを起こさないように細心の注意を払う必要があります。

もちろん、製薬会社などは商品を発売する前に何度も臨床実験を行っていますから、 副作用などが多くの人に発生しないような状態で世に出ています。

皮膚の弱い方はパッチテストを受けよう

一方で、白髪染めの中に配合されている「パラフェニレンジアミン」「酢酸鉛」「鉛アセテード」「リードアセテート」といった成分は、 アレルギー体質の人が使用すると、頭皮にかぶれや痛みを伴ったり、ひどい場合には、アレルギー性の咳や喘息で呼吸困難に陥ったりする場合もあります。

心配な方は白髪染めを使用する前に、必ず病院などでアレルギー反応に対するパッチテストをしてもらうことが大切です。

パッチテストは、薬剤を腕の内側に少しだけ塗って、しばらく放置し、肌に異状が生じないかを確認することです。 安心して白髪染めを使用するためにもパッチテストは必要です。

逆にパッチテストで問題なければ、市販されている白髪染めの中から自分の好みに合わせて自由に選択することができるわけです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ