子供もストレスがいっぱい

若白髪 加齢が原因の白髪は、30代後半あたりになってから出てくるのが一般的。

しかし、10代や20代など加齢には無関係な年齢でも、白髪が出てくる事があります。 そう、若白髪と呼ばれるタイプの白髪ですね。

若白髪の原因にも色々ありますが、最も多いのはストレスなど精神的な事が原因になっているケースが多いようです。

ストレス、心配事、ショック、プレッシャーなど、現代の若者には精神的な重荷がドッカリと載っています。 受験、対人関係、仕事など、子供の頃からストレスまみれになっている人も少なくありません。

人間の体は、慢性的なストレスを受け続けると全身の血行が悪くなってしまうだけでなく、 メラニンが作られにくくなってしまいます。

メラニンが作られにくくなってしまうと、髪の黒さも失われて白髪になってしまいますよね。

食生活や疾病が原因の場合も

また、現代人の食生活はかなり偏っているのも若白髪の原因かもしれません。

髪の黒さをキープするのに必要な栄養素はアミノ酸などのたんぱく質、銅や亜鉛、カルシウムなどのミネラル成分ですが、 欧米的な食生活が中心では、こうした成分が圧倒的に不足してしまいます。

食生活の偏りが若白髪の原因になっている事もあります。

また、ホルモン異常やビタミン不足などが甲状腺疾患や尋常性白斑などの疾病を引き起こしてしまうケースもあります。

こういった疾病では色素異常も起きてしまうため、年齢に関係なく白髪になってしまう事も多いようです。

しかし、こうした疾患が原因の若白髪は、疾患を治療する事によって白髪も解消する事ができるのも特長です。



スポンサード リンク

このページの先頭へ